「ほっ」と。キャンペーン

身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
人気ジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


クラシカルオステオパシー京都ワークショップ2日間


おわりました〜emoticon-0141-whew.gif

2日間連続は結構疲れましたが、本当に良いセミナーでした。

今回のテーマとして、

『診断力』

副会長が作られたクラシカル用のカルテに記入しながら、
問診〜検査〜治療〜再検査の流れを見て、実際に行いました。

基本的な事なのですが、案外実際の場では疎かになっていくものですから、非常に有り難い内容でした。

参加された先生のお子さんのデモや友人の先生もフルで治療を受けられ、参加者の方全員が満足されていたかと思います。

初級から人数は半分くらいとなりましたが、MICOの先生も2人参加され、実技指導もしていただきその分非常に濃密な内容になりました。

最近崩れを感じていた自身のルーチンも良いイメージも入り、お気遣いいただき教えていただいた腕神経叢、腱鞘炎に対しての手技もしっかり使えるようになれば非常に有用そうで、特にクライマーや手を酷使している方には非常に喜んでいただけそうです。

一月飛んで、11月は春山会長の基礎再確認セミナーと第2回目のワークショップも開かれますので、非常に楽しみです。。。


しっかし、体育会系の胃袋はどうなってるのでしょ〜(笑)
d0119359_20553527.jpg

[PR]

by karada-otaku | 2009-09-21 20:56 | セミナー感想

クラシカルオステオパシー京都ワークショップ


明日20日と明後日21日はクラシカルオステオパシー京都ワークショップのためお休みです。

emoticon-0139-bow.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-19 19:59 | お知らせ

花王のエコナ自主回収が話題になっていますが、うちの台所にもいつの間にやらお中元で送られて来たエコナちゃんがございましたemoticon-0131-angel.gif

事が起こってからこんな事書くのは卑怯なんですが、私はこのCMが流れる度に、

「新しい油なんてのはろくなもんじゃないね〜」

と、思ってました。


なにせ、日本でも70年代〜動物油脂よりも健康だとして、もてはやされだしたリノール酸にしても、「NO!!トランス油」の流れに変わり、某ドーナツ屋もNHKか何かでトランス脂肪酸を減らすためにいかに苦労したかと言うドキュメントがあったかと思います(個人的にですが、やっぱり美味しくなくなりましたね。)

今日もエコナの話が出て、

「なに(油)が良いんですか?」

と、聞かれ、

『えーっと、豚や牛の飽和脂肪酸をあまり摂らずに、魚とかのオメガ3脂肪酸をよく摂ったら良いですよ』

と答えると、

「オメガ3脂肪酸ってなんですか?」

と聞かれ、『え〜っと、、、』となってしまいまい。

何となく記憶していただけだったので、突っ込まれるとぼろが出てしまいましたね。。。


ちょっと調べてみました↓

脂肪酸には三つの種類があります。

飽和脂肪酸(SFA)

・殆どの動物性脂肪

単不飽和脂肪酸(MUFA)オレイン酸系

・オリーブ油、アボガド油、ナッツ類、種子類

多不飽和脂肪酸(PUFA)リノール酸系

・ベニバナ油、ひまわり油、ごま油、コーン油、グレープシード油、魚油、大豆油などなど、、

全の油はこの三つの脂肪酸の混合物ですので主にどの脂肪酸が多いかと言う分類のようです。

単純に「飽和脂肪酸だから体に悪く、多不飽和脂肪酸は体に良い」と、言うわけではなく、必須脂肪酸の分類であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があり、両者は拮抗的に働き、バランスが重要となります。
割合の理想は1:1(1:6と言うのもありました)の割合であるのに対し、主に現代の食事はオメガ3脂肪酸1に対してオメガ6脂肪酸の割合が20〜40と言われいます。


オメガ3脂肪酸

魚類(主に青背の天然魚)、大豆、魚油、クルミなど

不足すると
ガン・凝血・炎症・自己免疫疾患のリスク

オメガ6脂肪酸

獣肉、ニバナ油、ひまわり油、ごま油、コーン油、グレープシード油など

不足すると
細胞の生長と分化を障害し、出血のリスク


と、言った感じです。

調べてみるまで、「オメガ3脂肪酸は良い油、オメガ6脂肪酸は悪い油」

なのだと思い違いをしていたので、良い機会となりました。


まぁ、エコナにせよ基本的に油に何か科学的な加工や添加をして安定させてしまうこと自体が間違っているのだと思いますし、そのような事をして特殊な効果を謳っている製品にいきなり飛びつかない事でしょうね〜。

上記の3種の脂肪酸を、単不飽和脂肪酸を少し多めに、それぞれをバランスよくと言うのが一番と思いますが、要は日本食が一番だね。って言うありがちな結論になりそうですね。

もうちょっと調べてみようと思います。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-18 22:40 | 時事ネタ

時の流れ...

ルカ・ラ・ガームで検索していたら、前回記事の「先の課題」を作ることを言われた人、原人こと笹木さんのブログを発見しました。

京大ウォールで出会い、当時京都CRUXのスタッフをされていました。
その頃、踵の骨を骨折されたことがあり、

「俺、国民保険入ってないから、病院行けんくて、でも、だいぶ腫れて来たから、弟の保険証使って診てもらってきた」

とか、スゴいクライマーらしい生活(?)を送っておられ、今どうされているのか情報が無かったのですが、地元広島でクライミングジムを経営し、ご結婚、お子さんまでおられるではないですか!!
上記のブログも奥様が書かれているようです。

広島に行ったことはありませんが、行く機会があれば是非立ち寄りたいです。


ルカ・ラ・ガーム検索繋がりで、京大ウォールの当時の部長をされていたつよつよさんは今のクライミングブームの一端を担ったであろう、ジャンクスポーツやCM等にも出演されている美人クライマー尾川智子さんとついこないだにご結婚されたと、とあるブログで知り、尾川智子さんのブログを見てみると・・・スッゲ〜ェemoticon-0170-ninja.gif

って、思ってるのは自分だけなんでしょうけど。。。

本当にネットはスゴいもので、10年と言う年月を痛切に感じさせてくれますね。。。

本当に好きな事を10年続けれたらちゃんと形になっているんですね。。。本当に、本当に皆さんスゴい。。。

10年か〜emoticon-0138-thinking.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-16 00:09 | つれづれ

先の課題


今晩は蛍光灯のO君が来てのボルダリングセッションでした。
d0119359_026368.jpg


スケボーでやって来て、クルクルの髪型で可愛いですね。
見た目Daveみたいですが、クライミング暦は3ヶ月なんで、まだまだ。


O君が、
「ああ、だめだ〜、出来ないですわ、この課題」

とか言うと、

『それでいいのよ。今の自分が出来る課題を作っちゃ駄目、あかんのよ、1年先の自分に課題を作るつもりで作って、それを1ヶ月で登る気でトライするんよ』

とかエラそうな事を口走ってましたが、完全に昔先輩方から言われた事の受け売り・・・(苦笑)


こと、治療に関して自分に問うとどうだろう・・・

掴んだと思った感覚も幻のようにちょっとした事で、崩れてしまったりしているようでは・・・

やはり、あまり多くの事に手を出さず、いい加減集中するべきだなと。。。

1年先の自分に課題を与えられるか?か・・・emoticon-0108-speechless.gif



今日来られたクライマーの方から、

「10月頃に長岡京市にKさんが新しいクライミングジムを作るんですよ」

と、教えていただきました。

Kさんには10年程前に色々とアドバイスを頂いたことがあるので、非常に良いジムになるだろうと思います。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-15 00:42 | 趣味

ホメオパシーコングレスin京都2009

ホメオパシー関連の先生が来られる事が多く、招待していただき、みなと先生とSさん、Mさん、T君と同伴してきただいて行ってまいりした。

「pathy」繫がりで、興味はあったのですが、なかなか勉強する機会が無く、最低限の基礎知識くらいでの参加だったため非常に勉強になりました。

さすがに日本一大きなホメオパシー団体だけあって、京都国際会館別館を借り切っての凄い規模です。
d0119359_13313466.jpg


「同伴の方もお気軽に」

の言葉に甘えて、5人で参加させていただき、前列で拝見させていただき恐縮いたしました。

豪華な京弁当付きemoticon-0170-ninja.gif
d0119359_1338854.jpg


代表の由井寅子さんは噂以上の方で、超エネルギッシュ・・・
個人的には現代に生きるブラヴァッキー夫人と言う感じで、あまりのパワーにエネルギー中りしたのか、今朝は寝過ぎてしまいました。。

自分が行うべき使命、己が何者であるのかと言う事が完全に確立した人と言いますか、「生けるカリスマ」と言いましょうか、その道のパイオニアの方は某オステオパシー団体の会長同様に、あれくらいでないと務まらないのでしょうね。。
私のような人間からすると見ているだけで色んな感情が出てきてしまうような方でした。


臨床発表を拝見し一番驚いたのが、水銀やヒ素、ステロイド、がん細胞、合成甘味料等のレメディーの多さ。
無論、万単位での希釈率ですが、それによる毒出し時に起こる好転反応(症状の一時的悪化)はさすがに戸惑いを覚えました。

重度のアトピーを始めとする難治性の皮膚疾患や不妊、発達障害、様々なトラウマを改善しようとするのですから、そう言った過程も必要なのだとは思いましたが、よほどのホメオオパシーに対しての知識、信念がない限り治療を続けるのは患者、治療師共に難しいと感じました。

また、現代医学や様々な代替療法からも見放された疾患が治癒する可能性がある療法なのだとも理解しました。


ある先生から聞いた話なのですが、とある有名なオステオパスが、

「今から治療家になる人はかわいそうだ、治り難い人を治し難い(治療家の)体で診なければならないのだから」

と、言っていたそうです。

食生活の変化、運動不足、疑似ホルモンや合成物の摂取、不規則な生活習慣、様々なストレス、環境汚染、希望の見えない世界経済・・・

20年前には奇病とされた病が一般化したり、発達障害の増加や子供の不定愁訴、精神疾患罹患率の急増・・・

現代に生きる限り、治療を行う側も同様の環境に立っているわけでですから、上記のオステオパスの言葉は私達にも非常に重いものがあります。

現代医学、徒手医学だけで対応できないことも増えているのは事実かと思います。

徒手療法家であるという自分自身の本分は忘れず、医師、ホメオパス、カウンセラー、栄養士、など自分1人では補えない疾患の方を紹介する事も常に視野に入れるべき必要があるのだろうと思うのでした。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-14 13:47 | セミナー感想

長い一日。。。


昨日は朝からセミナーにでかけ、その後のワークショップ?稽古会?が18時〜、22時〜知り合いのお店のパーティーに顔も出して、駆けつけにワインを2杯飲まされ、さっきまでお腹踏まれたり、投げられていたのにボサノバなんか聞いてもそんなマッタリ気分になれないわ〜と、そして0時〜また稽古の続き・・・で、4時ごろまで、、、

講師の先生はじめ参加者の方々の体力と意欲に頭が下がりますです。。。

前回よりも結構筋肉痛と疲労がありましたが、治療には支障ございませんでしたので、ご安心あれ。。。

ともに参加していたみなと先生も筋肉痛のようですが、なかなか心地の良いものです。

今日も23時〜1時までOQ-WALLでのぼり、今までトレーニングでさらに追い込み。。。

もっと強くなれるヒントもいただいたので、怪我せずに全盛期を超えるべく地道に鍛錬したいと思うのでした。。。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-08 02:12 | セミナー感想

本日は、


朝から晩までセミナーのためお休みですemoticon-0139-bow.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-06 08:45 | つれづれ

オテテノオテイレ

って、10回言えますか?(笑)


登りだすと手の皮が角質化してきてしまいます。

こうならないことには登るにも支障があるのですが、厚くなり過ぎても恐怖の

「ベロリンチョ」(真皮まで捲れる)

があります・・・

それを防ぐにもヤスリで皮膚を削るのですが、どうしてもカサカサしてしまうのが悩みでした。

そこで、amazonで検索してガラスの爪ヤスリを購入しました。

凄くきめ細やかな仕上がりで、大満足です。

シャッシャッシャッっと、やっている自分の姿を傍から見られたら気持ち悪そうですが・・・emoticon-0143-smirk.gif

これはかなりおすすめです。。

d0119359_20275834.jpg

[PR]

by karada-otaku | 2009-09-04 20:32 | つれづれ

どっさり。。。


昨日参加した勉強会で資料をどっさりいただいてしまいました、、、ワンコインの勉強会なのに・・・emoticon-0108-speechless.gif


私の感覚が狂ってしまっているのか,どうなのか分かりませんが、
オステオパシーや私の行っているセミナーだと大体相場が1日6、7時間のセミナーで1万〜2万円
なかには5万円以上のものもありますので、不思議な感じがします。

鍼灸やPT・OTのセミナーだともうちょっと相対的には安いようで、彼らからは、
「よくそんな高いのに毎週行ってるね」
とか言われます。

勿論、内容の質や量、個人個人によって、それぞれ得られる量や質が異なりますし、個人レベルで主催しているのか、なんらかの会での主催なのか?
また、主催者の考えや思い(想い)にもよると思います。

昔、鎌倉のなべちゃんが、

「1日何万もするセミナーとかやっぱ変だよね?俺たちの世代でそんなの止めねぇ?」

とか言ってたのをふと思い出しましたが、色々やっぱり考えちゃいますね。

とは言え、受講生が納得して払っているのであれば、50万取ったって良い訳です(実際あるし・・・)



話は変わりますが、私達のこう言った講習会とかセミナーとか色々参加してふと思ったのですが、呼び名ってどういう定義で決めてるのでしょうか?

「ピーナッツと南京豆と落花生の違い」みたく、曖昧なようで結構ハッキリ区別があるモノなのでしょうか?

私のイメージだと、

●講習会=セミナー 座学と実技

●講義 座学のみ

●勉強会 受講生が課題を持ち寄る

●ワークショップ 主に実技で体を動かす(エクササイズなど)

なんですが、結構区別無く呼ばれているような気がしますね。。。

ま、どうでもいい話なんですが〜emoticon-0131-angel.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-04 00:36 | セミナー感想