身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
人気ジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ブツ


が、届きました。。。

来られたクライアントさんには、

「なにを目指されてるんですか?・・・」

と言われましたが、さすがにあんなものを吊るしているとそう思われますわな(苦笑)

もうちょっと練習してからお披露目(?)しますです。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-31 23:08 | つれづれ

オワタ。


なにはともあれ、一応2回目の復習練習会終わりました。

誰が一番勉強になったって、私でした。

3回目あればもうちょいマシになるように、なるでしょう(笑)

御粗末emoticon-0170-ninja.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-30 23:03 | セミナー感想

今日は...




久しぶりにパツパツで、11時〜21時まで・・・emoticon-0141-whew.gif

奥様方がお子さんの夏休みでほぼ全滅だったため、暇な8月でしたが、なんとかんとか。。

オクだけに奥様に支えられている・・・emoticon-0147-emo.gif


明日の資料印刷しようと思ったらインク切れ・・・
4色中1色切れただけで、何故黒色だけの印刷物が刷れないのか分け分からんぞ、ブラザーよ。。。

朝一でコピー屋に〜。。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-29 23:02 | つれづれ

日曜日の資料。。。


日曜日は御身呼の復習会なんですが、チョビチョビ資料作りして来ました。

資料を読み返したらり、録音聞き直したりしていると、

「あら、全然理解していなかったのね。。。」

と、思う事が多々あり・・・emoticon-0107-sweating.gif

しかし、資料作りは難しです。
何年もされている人も、初めての人も来るので、

「誰に向けて作るのか?」

冗長になっていたり、難解に表現していたり。。。

うまく纏める力も伝える力も無いですわぁ〜emoticon-0119-puke.gif


しかし、京都と名古屋、仙台や歴代の資料含め見返すと、色んな思いを込めて作られていたのだなと、、、

学ぶ者から少しでも教える者の立場に立とうとして、

「教える事と学ぶ事は、ふたつの無関係な過程である」

と、当たり前っちゃ当たり前のモーシェ・フェルデンクライスの言葉が斯くも身に滲みますね。。。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-28 21:01 | つれづれ

お登りさん。


今日は初めてクライアントさんが治療後にオクウォールにトライされました。

治療後に痛められたら大変ですのでヒヤヒヤしましたが...(苦笑)

しかし、初心者の方には傾斜もホールドも難易度が高いなと、、、ま、いずれ拡張を目標に。。。


その後、御身呼の復習をして、また少し登りました。

困難なムーブにトライするうちに、

「あっ、そうそう!!」

と言った感じに、体が何か思い出す感覚が今は非常に楽しく、体を動かしているとやはり調子は良いものですemoticon-0165-muscle.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-27 23:33 | つれづれ

夏も終わり。。。


お盆が過ぎたら一気に寒くなり、涼しい風に気持ちよさを感じる反面、短かった夏に寂しさを感じます。

暑いと暑いで、「涼しくなれば良いのに」と思っていたのですが、人間わがままなもので、妙に暑さが恋しくなりますね。

季節の変わり目には内臓不調の方が多くなりますし、冷えに気をつけてお過ごしください。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-27 01:15 | つれづれ

ドケルバン病(症候群)


ドケルバン病とは親指をそらした時に出来る凹み(嗅ぎ煙草窩)を中心に腱が炎症を起こしてしまう病気です。
d0119359_1849354.jpg


はっきり言って、苦手意識のある障害なのですが、ここ最近数名程来られていますemoticon-0141-whew.gif

何故苦手かと言うと、治療した直後は緩解するのですが、どうしても使用頻度の多い親指の障害ですから、3日〜1週間ぐらいでほぼ症状が戻ってきてします。。。

「やってもらうと楽にはなるんですけどね〜」と、この症状で今まで見させていただいた方には決まり文句のように言われてきましたemoticon-0114-dull.gif

自分自身もクライミングで指を痛めた経験があるので、その辛さはよくわかるのですが、実体験しているからこそ治癒の難しさも知っています。

ハッキリ言ってしまうと、使わなければ良くなっていくのです。

とは言え、登らなければ治まると分かっていても、それが抑えられるのなら苦労しない訳です。

クライミングは業ではなく趣味ですから、止めたとして生活して行けなくなる訳ではありません。

しかし、来られている方は仕事で悪くなってしまって来られる。
だから、止めたくても辞める訳にはいかない。。。

パソコン作業、おそば屋さん、主婦業+パート・・・

テーピング、サポーターや添え木、ステロイド注射、そして最後は手術・・・といった経過を辿ります。

治療としては上肢の連動を改善するようにしたり、可動性の減少している手根骨に動きを付けたりする事も重要ですが、ドケルバン症は妊娠中に頻出する事でも知られ、そう言った側面から見ると炎症が引かなくなるカラダの循環にも問題がある考えられます。

ですので、手首だけでなくやはり全身治療が必要だと考え、足先から頭まで治療して行きます。

とは言え、使い過ぎ障害(オーバーユース)ですから、日常生活でどのくらい改善したと感じるか?が勝負になります。

治療が仮に最善のものでも、症状の再発の可能性は十分に考えられます。

そうなるとどうしても、「治療がどのくらい持つ、持たない」といった次元の話になる為、やはり使い方へのアドバイスが重要になります。

また、使い方だけではなく、障害の発声する原因となる環境の改善も重要です。

パソコンやゲームのやり過ぎならば、イスの高さやアームレストの使用など。

そのほかの仕事場では変える事は難しいかもしれませんので、作業時の手首の使い方の指導も重要になります。

まま、様々なことを考慮しなければなりませんが、まずはその場楽になる感覚から改善に繋げていかねばならぬわと思う次第ですemoticon-0133-wait.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-21 20:25 | 治療雑感

今晩は。


OQ-Wallお披露目でした。

ばてた跡に前回の身体力学研究会での稽古をしたりして、マットも大活躍です。
ボルダリングマットではなく、なにせ格闘技用ですからね(笑)

その後に友人が持ってきてくれた京都産の紫芋焼酎を少し飲みましたが、クライミング後だからか、良い焼酎だからか分かりませんが、全く酔わずに済み、ブログの更新です。。。

d0119359_046480.jpg


体を動かしていると、色々と治療にも繋がることもあるもので、少々痛めたりしたりしながら(苦笑)程よくカラダでも色々と得ていきたいと思います。

「怪我してラッキー」の精神で、、、勿論、少々ってのが重要ですが・・・ね。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-21 00:48 | つれづれ

アメブロ復活。


クライミングを本復活させたので、主にクライミングについて書いていたアメブロもちょくちょく書いていけそうです。

今日はネタが思い浮かんだので、色々とこちらのブログにも色々と書こうと思ってたんですが、なんだか、治療してたら何書こうとしていたんだか忘れてしまいましたemoticon-0131-angel.gif

治療してると色んな技術のアイデアや治療について気付いたり、考えがまとまったりするのですが、その瞬間で雲のように消えてしまっているのです(苦笑)

もしかしたら2度と無い閃きが失われているかもしれません・・・

治療中にメモを取るようにするのも必要かもしれません。。。
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-19 22:36 | お知らせ

圧迫骨折


ご紹介でお盆中に圧迫骨折の方が立て続けに来られました。
d0119359_2253371.jpg


圧迫骨折は老化に伴う腹圧の低下や骨の脆弱化によって、主に起こるものですが、スポーツや事故によって若い方に起こる場合もあります。

来られた方はどちらも高齢に伴うものです。

「手技で骨折は治るの?」

と思われるかもしれませんが、骨折自体を治すことはできません。

FDMという整形外科学とオステオパシーを合わせて骨膜を矯正して単純骨折くらいだとその場で動けるようにする治療法もあるにはありますが、それも折れた骨が繋がる訳ではなく、機能的に使えるようにするだけです。

私の場合は脊柱のある後側を治療するのではなく、主に前面部を治療します。

前面部はボウストリングと言って,弓の弦の部分にあたると考えるモデルがあります。
前面部の緊張を緩めたり、横隔膜を中心とした隔膜部の調整をすることによって結果的に身体の内圧に影響を与えることができます。
d0119359_2217191.jpg


お腹がしっかりすると脊柱部にかかる負担も軽くなり、術後はみなさん、

「体が軽くなった」

と驚かれます。


施術したのだから当たり前なのですが、姿勢も変化し、脊柱の過後湾も改善されるので、行った私も驚いてしまいます。

とは言え、改善方向への変化が術後出ても、加齢に伴う退行性変性ですので、その変化を安定させる事が出来るかが課題なんですよね。。。emoticon-0108-speechless.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-17 22:18 | 治療雑感