身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
人気ジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


オステオパシー〜その4〜

その3から、すっかり忘れていました。。。

スティル先生の透徹した哲学を基に、スティル先生が亡くなられる1917年までには生まれ故郷のミズーリ州をはじめ、いくつかの州で認可されるようになり、現在ではほぼ全ての州で認可されているようです。

アメリカのオステオパシーは西洋医学に認められようとした思いが強かったのか、西洋医学と同等の教育を取り入れ、投薬や手術の権利もオステオパシードクターは有しています。
その為、手技だけを行うオステオパシードクターは全体の1〜3%とと言われています。

徹底した基礎医学は言うまでもなく必要なのですが、そのために手技よりも遥かに効率の良い、投薬治療に重きを置いたために、アメリカのオステオパシーの技術はひん死の状態をある時期迎えていました。
現在のホリスティックな思考や自然志向はアメリカの若きオステオパスを再び手技の道へと誘う形となり、隔世的に受け継がれているような傾向にあるそうです。

ただ、「達人」と呼ばれるようなオステオパシードクターは全米と言えど両手程しかいないとも言われており、貴重な手技の数々は風前の灯にあるのかもしれません。。。

つづく・・・



d0119359_2045424.jpg


最晩年のスティル先生(亡くなられる2年前) 
達観した眼差しですね。。。
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-29 20:47 | オステオパシー

ちらし・・・

最初はデザインに自信があったのですが・・・「整体・エステ系にないちらし」をコンセプトにしたので、賛否両論・・・

う~ん・・・普通になんて生きたくないわ。。。
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-28 23:46 | 開業準備

カイワレ大根成長日記(完!?)

爆裂しておりますです。。。

今夜サラダにするしかないですな、ハイ。。。
d0119359_13235486.jpg
d0119359_1324294.jpg

[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-28 13:24

ヒット!!

最近カトキチのカップうどんにはまってます。。。

カトキチと言えば冷凍うどんですが、カップうどんも侮っていけません。うまいです。

ただ、5分と長く、しかも5分経っても固いところがあるのが難点ですが・・・

あまり売っていませんが、ご賞味あれ。。。

悪い事せずに、こういった商品でがんばって欲しいですね。。。

d0119359_2252361.jpg

[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-28 02:27 | その他

チラシ完成!!!

しました。
まだプロトタイプですが、この数少ないブロフ閲覧者の方々で欲しいと言って下さる希有な方には郵送いたします。

住所、郵便番号、お名前をo_q403@mac.comまでお待ちしております。。。
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-25 18:56 | 開業準備

カイワレ大根成長日記!?

もうこんなに!!


d0119359_18525531.jpg


明日には食べれそうですね(笑)
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-25 18:53 | その他

開業祝いに・・・

d0119359_22505657.jpg

自由人(と、書けと言われたので・・・)のノブとそのママからミニヤシの木のプレゼントを頂きました。

一見素敵なのですが、よく見るとノブからのサプライズが・・・

d0119359_22513954.jpg


カイワレ大根です(笑)














本当は届いて数日すると顔を覗かせて、サプライズといこうとしたらしいのですが、凄まじい成長で、届いてすぐ芽を覗かせていて、夜になる更に色も黄色から緑に変わり、伸びてもいます!!!

昔「所さんの目が点」でカイワレ大根の成長力の強さを実験していましたが、バイクを持ち上げていましたね・・・

自然のたくましさを感じます。。。

もうちょっと伸びてきたら、ラーメンに入れようと思ってます(笑)
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-24 22:55 | その他

今日はOQで◯◯練習会

計12畳に1部(20時〜23時)10人、これからの2部(24時〜27時)8人・・・

みんなよく頑張りますわ〜。。。
d0119359_22423395.jpg

[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-23 22:42 | その他

現代社会は情報過多?つづき

私たちの脳に毎秒送られてくる情報量(ビット数)はいったいどのくらいあると思いますか?
10ビット
100ビット?
1000ビット??
10000ビット???

実は、少なく見積もっても。。。
11000000ビット
もあるそうなのです。

各特殊感覚器からの振り分けとしては・・・
目10000000ビット
耳100000ビット
鼻100000ビット
舌1000ビット
皮膚1000000ビット
計1100万ビットとなる訳です。。。
あくまでも、「少なく見積もって・・・」な訳で、ここに内蔵感覚などもあるでしょうから、実際にはもっと膨大な数字となると思います。(一億ビット以上と言う研究者もいるそうです。)

で、入ってくる数はわかったとして、もっと肝心なのが、「私たちがその内のどれくらい感じ取っているか?」な訳です。

ま、少なくとも10/1くらいは感じ取っているんじゃないかと、僕は思ったのですが、実は・・・

私たちが感じ取っている(意識に昇る)のはたったの40〜50ビットなんだそうです。
(このビット数は研究者によっても様々で、16ビットあるいは1〜2ビットと言う研究者もいるそうです。)

11000000/50・・・220万分の1しか意識へと昇らないと言う事実は衝撃的でした。

よく「無意識」という言葉を口にしますが、簡単にいうとこの220万分の219万9999が無意識と言えるのかもしれません・・・
数字として明確に表すと、本当に恐ろしく感じてしまいました。
だって、「自分を知っている」なんて、幻想以外の何物でもないと言うことですからね・・・

それで、テーマの「現代社会は情報過多?」を考えていくと、、、

テレビから得られるビット数と言うのは毎秒400万ビット以上が送られますが、この50ビットと言う「意識の枠組み」から見ると、1秒間に50ビット以上の情報をどんなに頑張っても摂取できると言うことはない訳です。
また、テレビやその他の媒体からの「インプット」だけでなく、「アウトプット」となると、50ビットどころか、10ビットくらいが限界だと思います。

マイケル・ポランニーという人が提唱した「暗黙知」と言う概念があります。
これは、「誰かの顔を説明せよ」と言われても、頭に鮮明に思い浮かべたとして、伝えようとしても「目はちょっと下がってて、鼻はこう・・・尖ってるような・・・」となるように、言葉にできることの何倍ものことを知っていたとしてもそれを伝えることは容易ではない・・・どころか、殆ど不可能な訳です。

この「知っているけど、伝えれない」ことや、例えば「ヤな感じ・・・」や「何かあの人調子悪そう・・・」と言った、言語には明確に表せないけれども感じ取っていること、このことを「外情報」あるいは「メタ(上位)・メッセージ」と呼びます。
そしてこの「外情報」が、普段の私たちのコミュニケーションには大きなパーセンテージを占めているのです。
何せ、この「外情報」は読書で言う「行間」であったり、人の「機微」と言うものな訳で、210万分の219万9999が入った莫大な情報の「所在の在処」なのです。

哲学者の内田樹さんの学生たちの会話の話に、

学生A「お前、昨日なんで帰ったの?」
学生B「電車」

学生Aは帰った理由が知りたかったのであり、どんな乗り物で帰ったかは知りたくなかった訳です。
言葉の意味だけではこう取ったとしても問題ないのですが、学生Aと学生Bの関係性やそれまでの出来事や、言葉のイントネーションに含まれている「メタ・メッセージ」を正しく解釈することが出来れば、学生Bは「楽しくなかったから」や「用事があった」と、正しいレスポンスが出来る訳です。
コミュニケーションの多くはこう言った「メタ・メッセージの読み取りあい」であると言うのです。

くどいようですが、「外情報(メタ・メッセージ)」には私たちの会話の何万倍もの情報が潜んでいる訳で、この読み取りあいを無意識のうちに繰り広げています。
例えば「愛している」「ごめんなさい」「ありがとう」・・・
これらの言葉以外の「外情報」に矛盾が生じていれば、「その言葉は本当ではない」と感じる訳ですね。
また、有能なドクターやサービスマンなどはこの「外情報」を読み取るのが凄くうまく、診察室に入ってきた瞬間に循環器系の問題が分かったり、お客さんが何を欲しがっているかが分かったりできるのです。

で、ここまで書いて何が云いたいかを書きますと。。。

テレビや新聞には確かに膨大な情報が含まれているのですが、その「外情報」であったり、その情報が発信されるまでに「捨てられた情報」=「情報の質」の判断はつき難く、またよく言われるように一方向性の情報伝達であり、人と人との交流する「場」の形成はありませんし、視覚と聴覚以外の五感を通して入ってくる情報は皆無と言えます。
故に、一見情報に溢れ、情報過多と思われる昨今をこうした観点から読み解くと、情報に飢えた社会=「情報飢餓社会」が見えてきます。

ブームを超え、ある意味「定着」の域に来た感のある「癒しブーム」も、皮膚感覚をはじめとした情報飢餓から来ているのかもしれません。
私たちは中身のない「情報」でお腹いっぱいにされたような気になっているだけで、本当は「情報飢餓」故に、非言語的な「癒し」を求めているのかもしれません。。。

一見静かな徒手療法の世界にこそ莫大な情報があるのだと私は考えているのです。


と、下手な論文みたいになりましたが、頭では何となく分かっているようなことも、こうして数字で何となく理解していくと、何となくスッキリしたような気分になるような気がしませんかね??

元ネタはデンマークでベストセラーとなった、トール ノーレットランダーシュ (著),「ユーザーイリュージョン」と言う本です。
興味がある方は是非一読を!!もの凄く面白いです。

d0119359_22185558.jpg

[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-21 22:19 | つれづれ

開業!?

とりあえずは、電話も開通しました。

パンフとHPは委託しておりますので、もう少々かかります。
今日制作した名刺を変わりに添付します。

これから、ほんまに広報活動もがんばりまっせ!!って、ほんまにスロースターター・・・

d0119359_22242737.jpg


JPEG方式でUPしたのに、ウィンドウズでは見れないのかな???
ブラウザの問題かな???
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-06-19 22:20 | 開業準備