身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
その他のジャンル
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:セミナー感想( 64 )


クラシカルオステオパシーin西宮市勤労会館


内容は前回の英国研修の確認でした。

京都組にはサプライズな先生が来られていて、色々と教えていただき個人的に非常に得した感じです。

春山先生の講義と理事の先生方も熱心に指導されていて、いい雰囲気を作られていました。
[PR]

by karada-otaku | 2010-04-19 09:50 | セミナー感想

行って来ました。

細木数子講演会
d0119359_20225875.jpg


ではなく、、、一番下のやつ。。。

d0119359_20231060.jpg



行った人はみんなネタにしてました(笑)
[PR]

by karada-otaku | 2010-04-12 20:24 | セミナー感想

身を以て知る。


今日は京都国際交流センターで京都クラシカルオステオパシー基礎確認。
テンセグリティーのお話をメインに講義していただき、治療時にそういった身体イメージをより描きやすくなるように思います。

お昼休憩が1時間半あったので南禅寺散策にいったのですが、調子に乗って坂道を小走りに下り、ジャンプして砂利道に着地した瞬間に右の肋骨に圧力がっ・・・

まさに構造の弱いところに衝撃がかかると脆いことを実感というか、若くないことを実感!?

ま、怪我して身を以て勉強ですね(苦笑)
[PR]

by karada-otaku | 2010-02-07 18:37 | セミナー感想


冒頭に講師の現在の臨床の話があり、今までは乗り越えて来られた事の話だけだったと思うのですが、そうではなく、、、貴重なお話でした。。。

私は前回同様にボロボロでした。。。

今年はもっとしっかりと終わりたかったです。

残す明日、明後日、明々後日しっかりと。
[PR]

by karada-otaku | 2009-12-28 21:36 | セミナー感想

クラシカルオステオパシー京都ワークショップ2日間


おわりました〜042.gif

2日間連続は結構疲れましたが、本当に良いセミナーでした。

今回のテーマとして、

『診断力』

副会長が作られたクラシカル用のカルテに記入しながら、
問診〜検査〜治療〜再検査の流れを見て、実際に行いました。

基本的な事なのですが、案外実際の場では疎かになっていくものですから、非常に有り難い内容でした。

参加された先生のお子さんのデモや友人の先生もフルで治療を受けられ、参加者の方全員が満足されていたかと思います。

初級から人数は半分くらいとなりましたが、MICOの先生も2人参加され、実技指導もしていただきその分非常に濃密な内容になりました。

最近崩れを感じていた自身のルーチンも良いイメージも入り、お気遣いいただき教えていただいた腕神経叢、腱鞘炎に対しての手技もしっかり使えるようになれば非常に有用そうで、特にクライマーや手を酷使している方には非常に喜んでいただけそうです。

一月飛んで、11月は春山会長の基礎再確認セミナーと第2回目のワークショップも開かれますので、非常に楽しみです。。。


しっかし、体育会系の胃袋はどうなってるのでしょ〜(笑)
d0119359_20553527.jpg

[PR]

by karada-otaku | 2009-09-21 20:56 | セミナー感想

ホメオパシーコングレスin京都2009

ホメオパシー関連の先生が来られる事が多く、招待していただき、みなと先生とSさん、Mさん、T君と同伴してきただいて行ってまいりした。

「pathy」繫がりで、興味はあったのですが、なかなか勉強する機会が無く、最低限の基礎知識くらいでの参加だったため非常に勉強になりました。

さすがに日本一大きなホメオパシー団体だけあって、京都国際会館別館を借り切っての凄い規模です。
d0119359_13313466.jpg


「同伴の方もお気軽に」

の言葉に甘えて、5人で参加させていただき、前列で拝見させていただき恐縮いたしました。

豪華な京弁当付き071.gif
d0119359_1338854.jpg


代表の由井寅子さんは噂以上の方で、超エネルギッシュ・・・
個人的には現代に生きるブラヴァッキー夫人と言う感じで、あまりのパワーにエネルギー中りしたのか、今朝は寝過ぎてしまいました。。

自分が行うべき使命、己が何者であるのかと言う事が完全に確立した人と言いますか、「生けるカリスマ」と言いましょうか、その道のパイオニアの方は某オステオパシー団体の会長同様に、あれくらいでないと務まらないのでしょうね。。
私のような人間からすると見ているだけで色んな感情が出てきてしまうような方でした。


臨床発表を拝見し一番驚いたのが、水銀やヒ素、ステロイド、がん細胞、合成甘味料等のレメディーの多さ。
無論、万単位での希釈率ですが、それによる毒出し時に起こる好転反応(症状の一時的悪化)はさすがに戸惑いを覚えました。

重度のアトピーを始めとする難治性の皮膚疾患や不妊、発達障害、様々なトラウマを改善しようとするのですから、そう言った過程も必要なのだとは思いましたが、よほどのホメオオパシーに対しての知識、信念がない限り治療を続けるのは患者、治療師共に難しいと感じました。

また、現代医学や様々な代替療法からも見放された疾患が治癒する可能性がある療法なのだとも理解しました。


ある先生から聞いた話なのですが、とある有名なオステオパスが、

「今から治療家になる人はかわいそうだ、治り難い人を治し難い(治療家の)体で診なければならないのだから」

と、言っていたそうです。

食生活の変化、運動不足、疑似ホルモンや合成物の摂取、不規則な生活習慣、様々なストレス、環境汚染、希望の見えない世界経済・・・

20年前には奇病とされた病が一般化したり、発達障害の増加や子供の不定愁訴、精神疾患罹患率の急増・・・

現代に生きる限り、治療を行う側も同様の環境に立っているわけでですから、上記のオステオパスの言葉は私達にも非常に重いものがあります。

現代医学、徒手医学だけで対応できないことも増えているのは事実かと思います。

徒手療法家であるという自分自身の本分は忘れず、医師、ホメオパス、カウンセラー、栄養士、など自分1人では補えない疾患の方を紹介する事も常に視野に入れるべき必要があるのだろうと思うのでした。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-14 13:47 | セミナー感想

長い一日。。。


昨日は朝からセミナーにでかけ、その後のワークショップ?稽古会?が18時〜、22時〜知り合いのお店のパーティーに顔も出して、駆けつけにワインを2杯飲まされ、さっきまでお腹踏まれたり、投げられていたのにボサノバなんか聞いてもそんなマッタリ気分になれないわ〜と、そして0時〜また稽古の続き・・・で、4時ごろまで、、、

講師の先生はじめ参加者の方々の体力と意欲に頭が下がりますです。。。

前回よりも結構筋肉痛と疲労がありましたが、治療には支障ございませんでしたので、ご安心あれ。。。

ともに参加していたみなと先生も筋肉痛のようですが、なかなか心地の良いものです。

今日も23時〜1時までOQ-WALLでのぼり、今までトレーニングでさらに追い込み。。。

もっと強くなれるヒントもいただいたので、怪我せずに全盛期を超えるべく地道に鍛錬したいと思うのでした。。。
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-08 02:12 | セミナー感想

どっさり。。。


昨日参加した勉強会で資料をどっさりいただいてしまいました、、、ワンコインの勉強会なのに・・・009.gif


私の感覚が狂ってしまっているのか,どうなのか分かりませんが、
オステオパシーや私の行っているセミナーだと大体相場が1日6、7時間のセミナーで1万〜2万円
なかには5万円以上のものもありますので、不思議な感じがします。

鍼灸やPT・OTのセミナーだともうちょっと相対的には安いようで、彼らからは、
「よくそんな高いのに毎週行ってるね」
とか言われます。

勿論、内容の質や量、個人個人によって、それぞれ得られる量や質が異なりますし、個人レベルで主催しているのか、なんらかの会での主催なのか?
また、主催者の考えや思い(想い)にもよると思います。

昔、鎌倉のなべちゃんが、

「1日何万もするセミナーとかやっぱ変だよね?俺たちの世代でそんなの止めねぇ?」

とか言ってたのをふと思い出しましたが、色々やっぱり考えちゃいますね。

とは言え、受講生が納得して払っているのであれば、50万取ったって良い訳です(実際あるし・・・)



話は変わりますが、私達のこう言った講習会とかセミナーとか色々参加してふと思ったのですが、呼び名ってどういう定義で決めてるのでしょうか?

「ピーナッツと南京豆と落花生の違い」みたく、曖昧なようで結構ハッキリ区別があるモノなのでしょうか?

私のイメージだと、

●講習会=セミナー 座学と実技

●講義 座学のみ

●勉強会 受講生が課題を持ち寄る

●ワークショップ 主に実技で体を動かす(エクササイズなど)

なんですが、結構区別無く呼ばれているような気がしますね。。。

ま、どうでもいい話なんですが〜032.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-09-04 00:36 | セミナー感想

オワタ。


なにはともあれ、一応2回目の復習練習会終わりました。

誰が一番勉強になったって、私でした。

3回目あればもうちょいマシになるように、なるでしょう(笑)

御粗末071.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-30 23:03 | セミナー感想

終わった。


久しぶりの東京終わりました。

やっぱし、疲れましたが、得るものも多かったです。

今、新宿発の夜行バス待ちなのですが、東京はどこの店も人がいっぱいです。
マクドもスタバも座るところが無く、1時間近く歩き回って漸くロッテリアに・・・

私は東京では生きてはいけぬ・・・032.gif


[PR]

by karada-otaku | 2009-08-09 22:29 | セミナー感想