身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
人気ジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:OQ治療室( 1 )


Tony O'Connor-トニー・オコナー


治療中にかける音楽は治療家によってもこだわりのある人もあれば、そうでない人もいるようです。

周りの偉大な先生方の中には治療中に宇多田ヒカルや巨人の星などかけながらやっているそうなのですが、私にはまだ出来なさそうです。

英国研修でお世話になったクリス・バッテン先生もボブ・マーリーがクラシカルオステオパシーのリズムに合うとかで、セミナーの合間に流されてました。emoticon-0100-smile.gif

私の場合クラシックでも多くの楽器が使われているとどうしても邪魔に感じてしまい、環境音楽をかけていましたが、以前オステオパス友のN山君が以前うちに来た時に、

Kelly Yostが良いよ」

と言っていたので、聞いてみると、ピアノヒーリングとか言う新しい(?)ジャンルの音楽家らしく、ほぼピアノオンリーのため邪魔な感じがなく非常に気に入り、ここ2年程中心にかけていたのですが、さすがに飽きが来てしまいました。。。

そんなこんなで新しいお気に入りを探していたのですが、ちょびちょび頑張って読んでいるBe Still and Knowの著者Brooksby D.O.がお気に入りとしてあげていたのがTony O'Connorさん。
d0119359_18115933.jpg

なんだか笑い方が悪ガキというか、ちょい悪親父(?)って感じでヒーリングですか?って感じですが、日本のウィキにも載っていて結構凄い人みたいです(日本で言うと喜太郎とか宮下富実夫?)ので、早速何曲かダウンロードして今日かけてみました。

結構典型的なヒーリングミュージックぽく、初っ端はあまり好みで無いように感じたのですが、しばらくするとなかなか馴染むように思いました。

亡きBrooksby D.O.が、「こう言った感じで治療しろ」と言うことかなとか勝手に思いながら、しばらくかけてみようと思います。
[PR]

by karada-otaku | 2010-04-16 18:19 | OQ治療室