身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
その他のジャンル
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年 07月 12日 ( 1 )


今日は・・・

7月中の水曜日だけ、元の勤務先である某最大手スポーツクラブの整骨院に勤めています。

大阪の寝屋川の方なので、通勤だけで往復約3時間・・・よく、3年も続いたものだとほとほと感心します。。。

今日久しぶりに来て下さった患者さんですが、しばらく会わないうちに上半身が別人のようにバルクアップされていました。
が、症状は「朝起きると背中が固まったようになって、しばらく動けない・・・」とのこと・・・

観てみると、骨盤上部(下腹部辺り)が張って、前頭骨とその裏に付く大脳鎌と言うところも凄く張っています。。。
私の見立てでは、短期間にハードなウェイトトレーニングをしたためか、力む時に人体を仕切る隔膜と言うところに負担をかけたのではと思いました。

ちなみにこの隔膜といのは、全身のほぼ全ての関節と横隔膜や骨盤隔膜(肛門周囲の筋)等を言います。
オステオパシーではこれら全身お隔膜が正常に動くことで、大量の体液を循環させていると考えます。
正常であれば体液をポンピングし、異常を来せば、逆にパッフル(栓)となってしまうのが隔膜なのです。

この患者さんは骨盤隔膜を緩め、大脳鎌のテンションを取るように治療し、腰椎と仙骨間の圧縮を緩めました。
胸郭の固さはまだ残っていたものの、朝方の腰痛は幾分緩和されていると思います。

でも、また同じようなトレーニングをしていると・・・言わずもがなですね。。。

こういう職業をしていると当然ながら様々な体に触れるのですが、トレーニングをやり過ぎている人のカラダはちょっと扱い難い人が多い・・・もちろんうまくされている方は良いのですが。

運動不足はいけませんが、極端な負荷をかけ無闇矢鱈に見た目の筋肉を付けるのは、呼吸を確実に制限しますので、あまりお勧めしません。
何でも程々が一番ですね。

d0119359_1141652.jpg

[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-07-12 03:32 | つれづれ