身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
その他のジャンル
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

SBS(蝶形後頭底結合部)

d0119359_1511566.jpg

頭蓋療法では頭蓋の動きの中心をこのSBSと考えています。
下の写真は頭蓋をホールドするときの主なハンドポジションです。

d0119359_1430774.jpg

①オステオパシーの頭蓋冠ホールドで最もオーソドックスなヴォルトホールド(サザーランドホールド)

d0119359_14311728.jpg

②ベッカーホールド

d0119359_14323360.jpg

③身体呼吸療法で用いるSBSのホールド


細かいこと言うと(言われると・・・)きりがないので、ここで言いたいのはこの③のホールドです。

指腹部でSBSの動きをモニターするのではなく、手掌部でコンタクトしているのがミソかと・・・

ご存知のように、①と②は主に頭蓋の骨性・膜性のリージョンの診断、治療に用いるのだと思いますが、③はハンドポジションからして違います。

「何故、身体呼吸療法ではこのハンドポジションを用いているのだろうか?」と思っていたのですが、最近腑に落ちました。

こう言ったハンドポジションから「術者(考案者)が何を見ていたのか?」と言うような答えが自然に伝わってくるように思います。
手技療法の魅力っていうのはこう言ったところにもあるのかもですね〜。。。
[PR]

by KARADA-OTAKU | 2007-08-09 15:02 | オステオパシー
<< 美人 梨木神社の染井水 >>