身体オタクのつれづれに,日記 京都|整体院


開業を機にブログ始めたオタクです。
by KARADA-OTAKU
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
治療室OQ(オク)のご案内。
ホームページはこちら

オステオパシーの治療に興味がおありの方は、ネームカードをご覧ください。
ネームカード内に治療室OQまでの道のりなど載せております。

2010年4月,5月お休み





カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のトラックバック
珈琲好きの京都人さんへ
from ど35生活
法然院からカフェ ゴスペ..
from カモミールの芝生
奈良にいくなら
from ど35生活
奈良にいくなら
from ど35生活
雨降り前の雨林舎
from ど35生活
ライフログ
検索
その他のジャンル
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カラダ作っておかねばならぬは。。。


8月7日に立付けを予定しているのですが、出来た喜びで勢い余って飛びついてカラダをすぐ言わしてしまっては元も子もないですから、基本的な身体作りを毎日開始しております。

ちなみに昔、「プラチナフィンガー」の異名を持っており(笑)、ローカルクライマーには「プラッチー」と呼ばれていたんですが、その当時のバリバリ登れていたイメージというのは怖いもので、よく運動会でパパさん達がアキレス腱を見事に「ビチンッ」とやってしまうのはこの身体イメージと実際の肉体の衰えとの差によって起こるのです034.gif

指の力は鍛え難く、衰えやすいとクライマーの間では言われていますが、私の感覚ではと身体張力の方が衰えやすいように思うのです。

クライミングの筋肉は殆ど引きつける筋肉、おもに背筋なのですが、登っていれば背中の筋肉は自然と付いてきます。

で、疎かにされがちのがプッシュアップの筋肉、主に胸筋とそして先の身体張力。

サッカーなどでも「フィジカルの強さ」などと言われ、当たり負けしない身体の軸の強さをさすのだと思いますが、クライミングの場合はもう少し違う感覚があると思います。
体が振られた時その内部の軸感と身体の膜を瞬間的に「ピッ」っと張る感覚があるのです。
d0119359_9195085.jpg
アクシオンダイレクト5.14dを登るクライマー小山田大さん


この感覚が忘れてしまって、なかなか取り戻せない・・・

登るのが一番なのですが、案外良いのが拳立て。



ま、理想は逆立ち拳立てや水平懸垂なんですが、逆立ち拳立ては昔岩場で罰ゲーム的にやらされました(笑)が、今から考えると理にかなっていたのかも??

d0119359_1221971.jpg
伝説のインテリボルダリングフロンティア(笑)「ジョン・ギル」の片手水平懸垂




↑いつかこんなの○○軍団は最終的に出来るようになるんじゃないだろうか・・・015.gif
[PR]

by karada-otaku | 2009-08-01 09:32 | 趣味
<< バトンなるもの。。。 とりあえず全部穴開け完成。 >>